スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

命日

 2009-12-29
1年前の12月28日 ボブのお友達が天国へ旅立った日。

ボブがウチに来て 初めて出会ったワンちゃん
ボブの 初めてのお友達になってくれたワンちゃん
ワイヤーフォックステリアのロワくん。
 
  2009122901blog.jpg

ワタシの勤務先の先輩のお家の愛犬ロワくんは
まだ5歳という若さで逝ってしまいました。

原因は不明だそう。
解剖をすれば分かるかもしれないと 獣医さんに言われたそうですが
判ったところでロワくんは返ってこない…

亡くなった日の夜 先輩は真っ先にワタシに電話をくれました。
あまりの突然のことに ワタシは言葉を失ってしまいました。

ロワくんは ボブのことをすごく気に入ってくれていて
ドッグランに行っても 他のワンちゃんには目もくれず ボブにべったり。
しつけがきっちり出来ていて とっても賢いロワくんなのに
ボブが一緒の時は 言う事を聞かなくなるくらいに ボブを好いてくれていました。

だから ボブとドッグランで遊んでいる時の写真は こういうものばかり。
男の子同士のヘンなコンビでした(笑)

  2009122903blog.jpg

フシギと ボブは少しも嫌がっていませんでした。 むしろ喜んでいたかも…

亡くなった日の翌日 ワタシは仕事でしたが いてもたってもいられず
仕事を早退して ノンアポで先輩の家に行きました。
ロワくんは すでにお寺に行ってしまっていて 姿を見ることは出来ませんでしたが
お花をお供えし 先輩のお家でしばらく話をしました。

前日の電話のときもそうでしたが
先輩は意外にも元気で 落ち込んでいるといった様子ではありませんでした。
ワタシに電話をするまでに 涙が枯れるくらい泣き尽くしたそうで
4歳の息子さんの前で泣いてばかりもいられないと言っていました。

ワタシは ボブやブーマーがいなくなったら こんなに強くいられるだろうか?
そう 何度も思いました。
いつかは死んでしまうものだと分かっていても
覚悟なんてまだできていないのが真実。
ましてや ロワくんはまだ5歳。 病気で療養していた訳でもないのに…。

ロワくんは 天国へ行っても ボブのことを愛していてくれていると思います。
いや ボブよりもっとお気に入りのコを見つけて浮気しているかな…
ロワくんには ボブが天国へ行くまで いつもの優しいまなざしで
ずっと見守っていてほしいと思います。

  2009122902blog.jpg


*飼い主さんの許可を得て掲載しています*



フレンチブルドッグひろばにほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへモバペ|ペット人気ブログランキング
コメント
ロワくん、何と申し上げたらいいのか…。
本当に辛いですね。
とっても優しいお顔で、ボブさんと仲良く
遊んでる姿がほほえましいです。

正直、私もチャイがいなくなったらどうなるか
わかりません。
家族として迎え入れる時、いつか来るその日も
覚悟の上のつもりでしたが、一緒に過ごすにつれ
自信がなくなってきました。
でも、もし何かあった時、自分がしっかりして
最期まで送ってやらないと…とは思っています。
いつまでも泣いていたら、本人も喜ばないでしょうから。

ロワ君、きっと天国でボブさんを見守ってくれてると
思います。
浮気せず、待っててくれてると思いますよ!
どうやっても後悔はするのかもしれないけど、
1日1日を大切に、愛情いっぱいで過ごしていきたいですね。
【2010/01/04 02:11】 | ちゃいな #o/PXu/q6 | [edit]
悲しいお知らせですね... 僕たちも何回か会った事があるのですが 残念でなりません 
【2010/01/05 16:53】 | リアンマスター #- | [edit]
ボブ君の大切なお友達の命日だったんですね・・・
ロワ君はっと家族・・・イエイエ、家族以上に大事な存在だったと思います
それがとても分かるので本当なんとも言えない悲しい気持ちになります
いつかそんな日が来てしまうのは分かっていますが今は正直全く考えられないです
私達夫婦にとってもあんじは宝物・・・
このままこの生活がずーっと続けばいいなと思う位。。。
だからこそ、毎日をともに楽しく愛情をいっぱい注ぎ合いながら生活しなくては・・・と思います
ロワ君はママさんやご家族の方にいっぱい愛してもらっていたんでしょうねe-266それならきっと天国でも穏やかに暮らしていますよね
そして、大好きなボブ君が元気なのを見守ってくれていると思います
飼い主がわんこを世話するよりも実際は私達人間の方が断然に癒しと幸せをもらっている気がしますe-53



【2010/01/05 19:32】 | yuki #Knya96cQ | [edit]
★ちゃいなさん★
ロワくんは本当にヘンなコで(笑)
あのボブがうんざりするくらい
ストーカーしてくれました(^^;
もしかすると今のボブの変態気質は
ロワくん譲りなのかもしれません^^

いつか死んでしまうことをいくら考えても、結論は出ませんね。
もっとドライに犬達と接することができれば
ラクなのかもしれませんが、私には無理そうです。
【2010/01/06 01:59】 | ぼーぶーママ #- | [edit]
★リアンマスターさん★
そうなんです。。。
ロワくんあんなに元気だったのに、虹の橋を渡ってしまいました。
仲良くしていただいていたので他人事とは思えません。
1年経って、追悼の意も込めて記事にさせていただきました。
【2010/01/06 02:11】 | ぼーぶーママ #- | [edit]
★yukiさん★
ロワという言葉は、フランス語で王様という意味だそうです。
まさに、我が家の王様という気持ちで名づけられたんだと思います。
本当に、私達人間が犬からたくさんの幸せをもらっているんでしょうね。
それが、犬だったり猫だったり、人間の子供だったり、人それぞれ違いますが、
かけがえのない命を預かるということに変わりはないと思います。
現実から目を背けることなく、目の前にある命を大事にしていきたいものですね。
【2010/01/06 02:24】 | ぼーぶーママ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://boboomer.blog67.fc2.com/tb.php/141-47be2c19
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。