スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ひと安心した心配事

 2014-06-19
CT検査で見つかった もうひとつの事
ボブのお腹に 影が写っていたのです

(前回に引き続き 写真は話の内容と無関係です)

     DSC_1588.jpg
     DSC_1659.jpg

ドクターに 『ガンですか?』と尋ねると 『ガンだったらいちばん怖いです』と…
しかも 写っている場所が 大きな血管の近くで もしガンだったとしても
切除するのは難しいとのことでした

     DSC_1601.jpg
     DSC_1635.jpg 

実は その頃 ボブは徐々に痩せてきていて
元気もあり ゴハンもしっかり食べているのに 体重が減ってきていました
普段 13.5~14キロの体重が 11.8キロまで落ち
成犬になってから こんなに軽くなったのは初めてでした

    DSC_1657.jpg
    DSC_1600.jpg

ちょうど この写真の頃がいちばん痩せていた時で 首輪もハーネスもぶかぶか
ずっしり感はなくなり 片手で抱えられるくらいになっていました
ブヒ友さん達も 痩せたことが見てすぐに分かるほどでした

     DSC_1593.jpg
     DSC_1646.jpg

普段から軟便なボブですが 耳の治療のためのステロイドと抗生剤が影響していたのか
更に軟便になっていたので 整腸剤を出してもらい
ゴハンの量と回数も 増やすことにしました

     DSC_1612.jpg
     DSC_1610.jpg

ドクターも 『去勢したら太りやすくなるのに 体重が落ちてきているのが気になりますね』と…
こんな状態だったので ワタシとオトン(たぶんドクターも)は
ガンに間違いないな…と思っていました

     DSC_1628.jpg
     DSC_1627.jpg

便の状態は少し良くなり 体重は少しずつ増えてきました
最初のCT検査から3カ月後 お腹の影の検査のために 再度CTを撮りました
もし大きくなっていたらガンの可能性大 切除できるようならそのまま開腹手術の予定でした

     DSC_1625.jpg
     DSC_1616.jpg

血管に造影剤を入れて検査した結果 影の大きさに変化はなく
画像診断の専門医が見ても 悪性ではなさそうとの診断で 開腹もしませんでした
でも そこに何かがあるのは事実で それが何かを調べるには 開腹するしかないのですが
そこまでのリスクを負ってまで調べる必要はないでしょうとの事でした

     DSC_1650.jpg
     DSC_1629.jpg

耳の事で セカンドオピニオンを受けたドクターにも画像を見てもらいましたが
血管の壁に 何か石灰化した物が付着しているのか 悪性ではなさそうですと
耳の状態も変わりなく 良くはなっていませんが 悪くもなっていないので
これ以上進行させないためにも 内服薬は続けていくことになりました

     DSC_1631.jpg
     DSC_1651.jpg

あれから2カ月…   現在のボブの体重はベストの14.1キロ
なぜ あんなに痩せてしまったのかは分からないままですが ひとまず安心
ブヒ友さんにも相談にのっていただいて 色んな事を考えた数カ月でした

     DSC_1656.jpg
     DSC_1640.jpg


最後まで読んでいただき ありがとうございました


フレンチブルドッグひろばにほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへモバペ|ペット人気ブログランキング
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。